子育てハッピーアドバイス

子育てハッピーアドバイス(2)

子育てハッピーアドバイス(3)

育児サポートサイトのみるコム

育児サポートサイトのみるコムって知ってますか?無料会員登録をすると、育児に関する質問ができるこれからママになる人や、現役のママさんやパパさんのためのコミュニティです。

プレ掲示板(妊娠期)もあるので、まだ赤ちゃんがいなくても、そこで出産一時金について聞いてみることをおススメします。

無料の会員登録は、こちらのみるコムサイトの左下からできます。
育児サポートサイト みるコム。 会員登録も無料!

出産育児一時金受取代理

代理人が受け取ることもできます


出産育児一時金は、健康保険からもらえる出産お祝い金の
ような支給金です。

出産育児一時金の支給額は35万円なので、入院・分娩費用の
ほとんどをカバーすることができます。

非常にありがたいこの出産育児一時金制度、賢く利用したい
ものですね。

出産育児一時金は、夫または妻(妊婦)の加入する健康保険に
請求することになります。

基本的には健康保険の加入者である申請者の口座に
出産育児一時金が振り込まれることが多いのですが、

入院・分娩費用を健康保険の加入者以外が支払った場合
(例えば、妊婦の親が出産費用を立て替えたり、夫が健康保険に
加入していて、妻が出産費用を用立てた場合など)

その実際の支払者の口座を指定して入金してもらうことも
できます。

出産後は新生児との生活で思うように動き回れないので、
健康保険の加入者以外が出産費用を支払った場合など、

出産育児一時金を直接支払い者に受領してもらえる方法は
非常に無駄がなくて助かりますね。

出産育児一時金は、出生届を出した際、出生証明をもらって
申請します。

妊娠中に申請書を準備し、疑問点がないようにしっかり下調べ
しておくとよいでしょう。

出産育児一時金請求書

申請書は事前に準備して


出産育児一時金は、健康保険から支払われる出産お祝い金の
ようなものです。

2006年10月から、従来の30万円から35万円に
アップしました。

出産育児一時金は、妊娠4ヶ月以上経過した人で、
自分か夫が健康保険に加入していて保険料を納めている人なら
もらうことができます。

出産育児一時金をもらうには、出産前に必要な書類を準備して
おくことをおススメします。

出産後は新生児との生活が始まっていてなかなか思うように
動けないので、気軽に動ける妊娠中に申請書を準備して
おきましょう。

出産育児一時金は、専業主婦・自営業の場合、国民健康保険や
夫の健康保険など、夫の加入する健康保険に請求することに
なります。

国民健康保険なら市町村役場へ、ご主人の健康保険ならご勤務先へ、
それぞれ出産育児一時金の申請書を請求しましょう。

仕事を継続されている妊婦さんは、ご自身の健康保険に
出産育児一時金を請求することができます。

加入する健康保険によって出産育児一時金の金額が異なる場合が
あるので、共働きの方は、どちらの健康保険に請求するほうが
よいか事前に確認するといいですね。

出産の一時金についてでした。

出産育児一時金事前貸与

事前貸付制度もあります


出産育児一時金は、出生届を出してから請求できる、
健康保険から支給される出産お祝い金のようなものです。

出産育児一時金は35万円(※2007年9月末までの
出産に関しては30万円)ものまとまったお金が支給される
ため、非常に助かりますね。

とはいえ、出生届を出してから請求するという性質の
出産育児一時金では、入院・分娩費用が退院時に支払えないなど
事情のある方もいらっしゃるでしょう。
妊娠時に思わぬトラブルがあって入院した場合など、
家計は特に厳しくなりますしね。

そんな時は、出産日融資(貸付)制度を上手に活用しましょう。
これは、出産育児一時金を無利子で前借できる制度です。

出産育児一時金の約8割を無理しで借りられます。
借りたお金の返済は、出産後にもらう出産育児一時金で
精算します。

出産育児一時金の事前貸付制度は、出産予定日まで1ヶ月以内か、
妊娠4ヶ月以上で医療機関に一時的な支払が必要になった
妊婦さんが対象です。

この出産育児一時金の事前貸付制度を利用して、お金の不安を
解消すれば、安心してお産に臨めますね。

いいお産になるといいですね。

出産育児一時金請求書記入例

記入例を入手しましょう


健康保険から支給される出産育児一時金は、出生届を
出した翌日から2年以内であれば申請できます。

出産育児一時金の支給額は35万円(※2007年9月
30日までの出産に関しては30万円)なので、
忘れずにしっかり申請したいですね。

出産育児一時金は、加入する健康保険に請求します。
国民健康保険の場合、住民票のある市町村役場へ、
健康保険・共済組合の場合、勤務先へ申請書を
もらうようにしましょう。

国民健康保険と健康保険・共済組合では、出産育児
一時金の申請(請求)書のフォーマットが異なります。

妊娠情報誌(たまごクラブやPre-moなど)でも、妊娠・
出産でもらえるお金に関する特集記事が組まれていたり
して、詳しいQ&Aや記入例が掲載されることがあります。

これらの雑誌を見逃さずにチェックして、ややこしい
出産育児一時金の申請(請求)書の記入例を入手するように
しましょう。

出産育児一時金の手続きには、申請書以外に必要になる
書類などがないか、申請書をもらう際に確認しておくと
漏れなくスムーズに手続きができますね。

出産一時金に関連した記事でした。

委任払い制度が始まりました

出産(入院・分娩)費用は、かなりの負担額になりますね。
出産費用をカバーしてくれる強い味方は出産育児一時金です。
出産育児一時金は、健康保険から35万円支給されるので、
忘れずに申請しましょう。

しかし、出産育児一時金で35万円補填されるとはいえ、
退院時に出産費用を全額支払わなければいけないのは
大変ですね。

そんな時には、出産育児一時金の委任払い制度を利用しましょう。

これは、従来申請者の口座に振り込まれていた(※国民健康保険
加入者の場合、申請した市町村役場の窓口でその場で支払われる
ケースもあります)出産育児一時金を、出産した産院を
受取人として申請できる制度です。

この出産育児一時金の委任払い制度を利用すれば、入院・分娩費用の
不足分のみ退院時に支払うことになります。
もちろん、入院・分娩費用が35万円未満であれば、申請者が
剰余分の一時金を受け取ることができます。

入院・分娩費用の用意が少し楽になる出産育児一時金の委任払い
制度。賢く利用して、家計をラクにできるといいですね。
出産一時金についてでした。